HOME入れ歯・ブリッジ

入れ歯・ブリッジ

もう一度噛める喜びを

もう一度噛める喜びを

病気や加齢などで歯を失ったままにしていると、口腔内だけでなく、全身の健康にも悪影響をおよぼす場合があります。

失った歯の機能性・審美性を補う方法にはインプラント・入れ歯・ブリッジなどがありますが、それぞれのメリット・デメリットをよくご理解頂いた上で、ご自身に最適な方法を選択することが大切です。
「どの方法を選べばいいのかわからない」などとお悩みの方は、お気軽にご相談ください。
患者様のご希望やライフスタイル、お口の中の状態などを確認した上で、最適な方法をご提案させて頂きます。

入れ歯・ブリッジ・インプラントの比較

治療方法 メリット デメリット
入れ歯 ・治療期間が短い
・歯を削る量が少ない
・取り外せるのでケアしやすい
・費用が抑えられる
・装着時に違和感を覚えることがある
・金属のバネ(クラスプ)が見えて審美性が損なわれることがある
・口腔内で安定せずに歯茎に痛みを感じることがある
ブリッジ ・固定式なので違和感が出にくい
・治療期間が比較的短い
・費用が抑えられる
・入れ歯よりも自然に噛める
・両隣の歯を削らなくてはいけない
・土台となる歯に負担がかかる
・若干ケアが複雑になる
インプラント ・健康な歯を削る必要がない
・残存歯に負担がかからない
・違和感が少ない
・自然な噛み心地が得られる
・治療期間が長い
・手術が必要となる
・費用がかかる

当クリニックの入れ歯・ブリッジ

入れ歯

ノンクラスプデンチャー

金属のバネ(クラスプ)を使用しない部分入れ歯です。

歯茎と同じピンク色の素材を使用しているため、装着時にもほとんど目立ちません。
残存歯への負担も少なく、審美性の高い入れ歯をご希望の方などにおすすめです。

金属床義歯

歯茎に当たる床部分が金属でできている入れ歯です。

金属を使用しているため、耐久性に優れており、しっかりとものを噛むことができます。
また、食べ物の温度・食感を感じやすいので、食事を美味しく味わうことができます。
薄く仕上げることができるので、快適にお使い頂けます。

コバルトクロム床義歯

金属床義歯の一種で、床部分にコバルトクロムを使用しています。

コバルトクロムは生体親和性に優れており、様々な症例に対応することができます。

ブリッジ

オールセラミック(ジルコニア)ブリッジ

セラミックのみで作製したブリッジです。

審美性や質感に優れており、天然歯と比べても見劣りしない仕上がりが実現できます。

メタルセラミックブリッジ

内側に金属を使用して、その上にセラミックを焼き付けたブリッジです。

内側に金属を使用しているため、高い強度があります。
噛む力が強い奥歯などに適しています。

ハイブリッドセラミックブリッジ

セラミックとレジン(歯科用プラスチック)を調合した素材で作製されたブリッジです。

オールセラミックよりも柔軟性があるため、噛み合わせる歯を傷つけにくいという特徴があります。
ただし、レジンが混ざっているので、長期間使用すると変色する場合があります。
また、セラミッククラウンよりも耐久性に劣ります。

PGA(ゴールド)ブリッジ

白金加金という高カラットな金合金を使用したブリッジです。

淡い金色をしていますが、噛む力の強い奥歯などには一番安心して使えるブリッジです。