一般歯科治療とはその名のとおり、一般的なお口の中に関する
治療のことをいいます。代表的な治療としては「虫歯の治療」や「歯周病治療」、「知覚過敏の治療」などが挙げられますが、お口の中のことでお困りのことがあればなんでもご相談ください。 お口の中の幅広いお悩みに関係するからこそ、入念なカウンセリングを行ったうえで治療を行います。

また、当院では一般歯科はもちろん全診療において、少しでも多くの方が早く健康な歯を取り戻せるよう「完全無痛治療」を目指しております。

無痛治療についてはこちら

代表的な一般歯科治療

虫歯 歯周病 知覚過敏

虫歯について

虫歯の原因

虫歯とは、口腔内に溜まったプラークにひそむ虫歯菌(ミュータンス菌)が糖を栄養源として酸を出し、歯を溶かす病気です。 初期段階は自覚症状に乏しく、痛みを感じたときにすでに進行しています。
適切な治療を受けずに放っておくと、抜歯しなければならない状態になってしまうケースもあります。
そのため、虫歯は早期発見・早期治療が大切なのです。 抜歯という最悪の事態を招かないためにも、「虫歯が気になる」「歯に違和感がある」という方は、まずはご相談ください。


虫歯予防

毎日行う歯磨きは、健康な歯を保つために最も重要な役割を占めています。しかし、きちんと磨いているつもりでも実は磨き残しがあったりして、効果を発揮出来てい ない場合があります。そのため、歯科で染め出しなどで磨き癖などを確認し、ひとりひとりに合った正しいブラッシングを知ることが大切です。 虫歯菌の栄養源である糖の摂取を制限することで、虫歯菌の増加を抑えます。また、キシリトールは歯を溶かす酸の発生を抑える効果がり、フッ素と同様に歯垢(プラーク)の働きを弱めたり、再石灰化の促進や歯質効果も共にあるので、健康な歯を維持するためにキシリトールを摂ることもお勧め致します。
フッ素とは、歯垢(プラーク)の働きを弱め、歯垢が作りだす歯を溶かす酸の発生を抑えます。 また、再石灰化の促進や歯質効果など歯にとってとてもいい働きがあります。そのためフッ素配合の歯磨き粉や歯科医院でのフッ素塗布は、虫歯予防に役立ちます。 初期虫歯は症状がほとんどなく、ご自身で気づくのはなかなか困難であるため、定期的な検診を行うことをお勧めしております。 また、早期治療の場合はブラッシング指導などで歯の再石灰化を促進し、自然治癒の力で歯を削らなくても済む場合があり、歯に負担がかかりません。

当院の予防歯科についてはこちら

歯周病について

歯周病とは

歯周病とは、歯を支えている組織(歯ぐき・歯根膜・歯槽骨・セメント質)に起こる、さまざまな症状の総称です。
今、歯を失う原因として最も多いのが歯周病であり、約80%の成人が歯周病であるといわれています。
歯茎の色が赤くなったり腫れたりするだけでなく、血や膿が出たり、挙句の果てには歯が抜けてしまうということにもなりかねない恐ろしい病気です。

歯周病の症状

初期の段階では自覚症状がなく、歯周病になっていることに気がつかない人がほとんどです。
まずは、定期的な予防・メンテナンスで歯周病を防ぎましょう。

知覚過敏について

知覚過敏とは

虫歯が見当たらないのに冷たいものがしみたり、歯ブラシが当たるとピリッと痛かったりする
場合には、「知覚過敏」の可能性があります。

知覚過敏の症状

知覚過敏の症状で特徴的なのは、「キーン」という鋭い痛みであり、さらにその痛みは一過性で、
冷たい水や歯ブラシの摩擦などの外来刺激によって誘発されるということです。
何もしていないのにズキズキ歯が痛い場合や、刺激を除去しても痛みが長引く場合は、知覚過敏で
はなく虫歯など、他の病気が原因である可能性が高くなります。

まずは歯科にてしっかり原因を見極め、ひとりひとりの症状に合った治療を行う必要があります。