歯を失った場合の治療には、入れ歯ブリッジインプラントがあります。それぞれのメリットとデメリットを知ってご自分に合った治療を考えてみましょう。

「どの治療法があうかわからない・・・」
そんな方は、まずはお気軽にご相談ください。

入れ歯・ブリッジ・インプラント ~治療法の違い~

治療法 メリット デメリット
入れ歯
  • ・治療期間が比較的短い
  • ・歯を削る量が極めて少ない
  • ・取り外せるのでお手入れしやすい
  • ・治療費が比較的安価
  • ・違和感を覚えることがある
  • ・支えのためのバネが見えることがある
  • ・お口の中で安定せず歯ぐきに痛みを感じることがある
ブリッジ
  • ・固定型なので違和感が出にくい
  • ・治療期間が比較的短い
  • ・治療費が比較的安価
  • ・自然に噛める
  • ・支えとなる歯を削らなくてはならない
  • ・支えとなる歯に負荷がかかる
  • ・清掃が若干複雑になる
インプラント
  • ・歯を削らずに治療できる
  • ・残っている歯に負担がかからない
  • ・違和感が極めて少ない
  • ・自然な噛み心地が得られる
  • ・治療期間が長い
  • ・手術を伴う
  • ・治療費が高い

入れ歯・ブリッジ・インプラントの、どの治療法、素材が適しているかは、
患者様の口腔内の状況や生活習慣、ご要望やご予算などによって異なります。

デンタルクリニック川村では、じっくりとカウンセリングを行ったうえで
自費・保険も含め、患者様に最適な治療法をご提案しています。

※インプラントはすべて保険適応外です

ご相談はこちら

入れ歯

レジン床義歯(保険)

  • ・歯茎に当たる部分がピンクのプラスチックでできている。
  • ・安く簡単に作製できるが、厚みがあり違和感を覚える。
  • ・割れやすいが、容易に修理できる。

ノンクラスプデンチャー(自費)

  • ・金属のバネを使わない部分入れ歯。
  • ・歯茎と同じピンク色の素材を使用しているため周囲から目立たない。
  • ・他の歯に負担がかからない。

金属床義歯(自費)

  • ・歯茎に当たる部分が金属でできている。
  • ・耐久性に優れ、しっかり噛める。
  • ・薄く作製できるため、食べ物の温度・食感を感じやすい。

コバルトクロム床(自費)

  • ・金属床義歯の一種でコバルトクロムを使用した入れ歯。
  • ・生体親和性に優れ、あらゆる症例に対応できる。
  • ・薄く作製できるため、食べ物の温度・食感を感じやすい。

ブリッジ

オールセラミック(ジルコニア)ブリッジ(自費)

100%セラミックでできたブリッジです。見た目や質感に優れており、健康な歯と遜色のない
自然な仕上がりを実現できます。

メタルセラミックブリッジ(陶材焼きつけ鋳造冠ブリッジ)(自費)

金属の土台にセラミックを焼きつけたブリッジです。セラミックの中では歴史が長く高耐久で
内側が割れにくく、奥歯に向いています。

ハイブリッドセラミックブリッジ(自費)

セラミックと歯科用プラスチック(レジン)を混ぜ合わせた素材です。

PGA(ゴールド)ブリッジ(自費)

白金加金という高カラットな金合金を使ったものです。見た目は白くはなく淡い金色をしていますが、
歴史が長く奥歯には一番安心して使える材料です

保険のブリッジ(保険)

ご希望があれば保険の治療もいたしますので、お気軽にご相談ください。

当院のインプラント治療についてはこちら